ご希望の動物病院[ペットクリニック]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト動物病院[ペットクリニック]リサーチ

ペットクリニック情報

動物病院の獣医師に
症状を的確に伝える



ペットが体調を崩した時、動物病院で獣医さんに「どんな症状なのか」を説明するのは飼い主さんの役目です。しかし、何をどう伝えればいいのでしょうか? 「なんとなく元気がないんですが…」という漠然とした伝え方では、獣医さんもきちんとした診療方針が立てられません。そこで、いざという時のために、症状の伝え方の基本を押さえておきましょう。

5W1Hをなるべく詳しく伝える

5W1Hをなるべく詳しく伝える

早期発見・早期治療が重要であることは、人間も動物も同じです。毎日ブラッシングなどを通してコミュニケーションを取ったり、食事や排便の状態などをよく観察するなど、ペットの様子に気を配ってあげましょう。もし少しでも変化を感じたら、なるべく早く動物病院に行ったほうがいいでしょう。そして、獣医さんには、5W1Hに沿って、症状をなるべく詳しく説明するよう心がけて下さい。

①When(いつから)
ペットの様子に変化を見つけたのはいつなのか。病気の進行状況を判断する重要な情報です。
②Where(どこが)
ペットの体のどこに変調が現れているのか。「おかしいな」と感じた部位はすべて獣医さんに伝えるようにしましょう。一見関わりのないような症状も実はひとつの病気につながっていることがあります。
③Why(どうして)
長時間屋外で遊んだ、車で長距離を移動した、他の犬や猫と接触した…など、思い当たる原因があれば詳しく説明します。獣医さんにとっては、それが変調の原因を見つけるヒントになります。
④What(何を)
動物の体調変化は、食べ物と深く関わっていることがよくあります。いつもと違う食べ物を与えてはいないか、変調をきたした直前に何を食べたのかをしっかり思い出して、獣医さんに伝えるようにしましょう。
⑤Who(誰が)
ご家族でペットを飼っている場合は、家族全員に「変だな」と感じたことを聞いておきましょう。
⑥How(どのように)
食欲にむらがある、下痢をする、咳をする、耳をよく掻く、足を引きずるなど、どのような症状があるのか、気になる点はすべて獣医さんに伝えます。

ペットのための「健康日記」をつけよう

ペットの体調変化にいち早く気づいてあげるためにも、日記を付けてみてはいかがでしょう。今日はどんなことをして遊んで、何を食べたのか。便や尿の調子はどうだったのか。体調や様子でちょっと気になったことなどもメモしておけば、いざという時に慌てずに済みます。特に子犬、子猫のころから継続的に記録をとっておけば成長の記録にもなり、飼い主とペットの楽しい思い出が詰まった宝物のような一冊が出来上がります。

早め早めの対処が肝心

動物はギリギリまで弱った姿を見せないものです。もし、自然界で生きていたとしたら、弱った姿を見せることは天敵の動物に弱みを見せることになり、死に直結するからです。したがって、飼い主さんの意識としては「気にしすぎかも?」と思うくらいがちょうどいいのです。そうした意味においても、気になることがあったら気軽に立ち寄れる獣医さんを決めておくことは、ペットを健やかに育てるための絶対条件と言えます。毎日ペットの体調をしっかり観察して、何かあった時には手遅れにならないよう、対処してあげましょう。ペットは一人では生きられない動物なのですから。