ご希望の動物病院[ペットクリニック]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ドッグメディカル
動物病院[ペットクリニック]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

ペットクリニック情報

知っておきたいペット(動物)の保険



ペットを飼う前によ~く考えておかなければならないのは、飼育にかかる費用のこと。なかでも、医療費は想像以上にかかるのでご注意を。大きな病気を患い手術が必要になったら、何万円から何十万円単位の費用がかかることなど、珍しい話ではありません。そんな場合に備えて、最近ではペットの健康保険に加入する飼い主さんが増えているようです。どんな時に保障してくれるのか、選ぶ際の注意点は何か、一緒に勉強してみましょう。

ペットにかかる医療費

ペットにかかる医療費

ある保険会社の調査によると、ペットの医療費として1年間にかかる金額は、犬の場合が平均7万5000円で、猫の場合は平均4万5000円程度だそうです。犬も猫も平均寿命が約13歳なので、犬の場合は97万5000円、猫の場合でも58万5000円の医療費を一生のうちに支払うことになります。近年では動物医療が著しく進化し、昔はあきらめていた病気も治せるようになっています。それに伴い、ペットが長生きするようになったのは喜ばしいことなのですが、高齢になればなるほど医療費が増えるのは、人間も動物も同じです。そこで、登場したのがペットの医療費を保障するペット保険です。

どんな動物が加入できる?

ペットの保険だからといって、どんな動物でもカバーしてくれるわけではありません。保障する動物は、保険会社によってさまざまな違いがあり、犬と猫のみという所が主流です。中には、うさぎや鳥、フェレットまでカバーしている保険もあるので、そうした小動物のペットオーナーさんはホームページなどで検索してみて下さい。

どんな保険を選べはいいの?

これは、なかなか答え難い質問です。人間の保険と同様に、ペットの保険も保障が厚いほど掛け金が高くなるよう設計されています。また、医療費の中でも予防注射や不妊手術は保障されないものがほとんどで、生涯大きな病気やケガをせずに旅立ったペットの場合であれば、結果的に保険料のほうが高くついたということが起らないとも言えません。しかし、加入しているペットオーナーさんに加入理由を聞くと、「お守りがわりに」「いざという時に医療費の出し惜しみをしたくないから」との声が多いようです。そこで、保険を選ぶ際のヒントとして、犬種ごとにかかりやすい病気を調べて、それに対する保障の厚い保険を選ぶという方法を考えてみてはいかがでしょう。例えば、ダックスフンドのように胴長短足の犬の場合は、脊椎看板ヘルニアを患うことが多く、車いすが必要になってしまうワンちゃんも少なくありません。したがって、全額保障まではいかないまでも、ヘルニアの手術やペット用車いすが保障範囲に入っている保険なら安心できるのではないでしょうか。

契約内容をすみずみまで読もう

ペット保険の加入自体は、各社ともインターネットから簡単に申込めるようです。しかし、申込みを確定する前に、契約条件や保障範囲をよく読んで確認して下さい。保険料自体は差がなくても、各社で保障内容がかなり違っています。また、ペットの年齢、大きさなどによっても保険料が違い、保険が使える動物病院を限定しているものもあるようです。いざという時の安心のために入った保険なのに、結局のところ保障の対象外だったなどということにならぬよう、保険加入時には人間の保険と同様の慎重さをもって臨んだほうがよさそうです。