ご希望の動物病院[ペットクリニック]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ドッグメディカル
動物病院[ペットクリニック]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

ペットクリニック情報

季節ごとの健康管理



四季のある国・日本で暮らすペットたちは、気温変化についていけずに体調を壊してしまうことがあります。季節ごとの注意点を知っておけば、病気を防ぐことにもつながります。しっかり健康管理をして、ペットと一緒に日本の四季を思う存分楽しみましょう。

春は気温の変化に注意

春は気温の変化に注意

春は、厳しい夏に向かって体調を整える季節であり、ペットたちの体もそれに向けて準備を始めます。

換毛期のブラッシングは丁寧に
換毛は、犬・猫の衣替えのようなもの。いつも以上に丁寧にブラッシングをして換毛を促してあげましょう。
風邪に注意
朝晩の気温の変化が激しいので、風邪を引かないようベッドを暖かくしてあげます。
カロリーは控えめに
冬に蓄えた皮下脂肪を消化して夏に備えるよう、ペットの体には自然の命令が出されます。食事のカロリーを少しだけ控えめにして、運動量も少し増やすよう配慮しましょう。
その他
ワンちゃんの場合は狂犬病の予防注射を打ち、フィラリアの予防薬を飲み始めるシーズンです。忘れずに動物病院へ行きましょう。

夏は熱中症対策を

毛皮をまとった動物たちが最も苦手とするシーズンが夏です。きめ細かな暑さ対策をしてあげましょう。

生活環境を夏仕様に
室内で暮らしているペットはエアコンなどで涼しい環境をつくります。留守番させる時でも涼しさを保つよう注意して下さい。外で飼っている場合は、定番の居場所を日陰に移動させます。
湿気対策も忘れずに
散歩はできるだけアスファルトの道を避け、早朝か夕方に出掛けましょう。湿気の多い季節は、皮膚病のオンシーズンです。もうしばらく換毛も続くので、ブラッシングなどで皮膚を清潔に保つよう配慮します。
食事は少なめ、水分はたっぷり
熱中症予防に水分補給はしっかりと。ワンちゃんもネコちゃんも食欲が減退することがあるので、栄養価の高い食事を与えて下さい。また、物が腐りやすい季節なので、食中毒にならないよう食べ残したエサなどを放置しないよう注意しましょう。

秋は夏の疲れが出る季節

秋は夏の間に消耗した体力を回復させる季節です。栄養管理などに気を配ってあげましょう。

高カロリー・高タンパクの食事で体力回復
暑さから解放されて食欲が戻ってくるので、高カロリー・高タンパクの食事を与えます。動物たちは、しっかり栄養を摂り、適度に皮下脂肪を蓄えて、冬への準備をしているのです。ただし、食べ過ぎには要注意。太り過ぎては、健康を維持することができません。また、冬用の被毛も徐々に生えてくるので、毎日ブラッシングをして発毛を促して下さい。
体力のない老犬のケアには細心の注意を
秋は体力が衰えてきている老犬などが、もっとも病気を発症しやすい季節です。様子がいつもと違うなと感じた時には、早めに動物病院で診察を受けて下さい。

冬は犬も猫もコタツで丸くなりたい

犬よりも猫のほうが寒さには弱いと言われますが、どちらも負けず劣らず暖かい場所が大好きです。暖房器具の近くで丸くなって寝ている姿は可愛らしいのですが、冬ならではの注意点もあります。

寒さ対策はほどよい温度に
冬になるとコタツに入って丸くなって寝ているのは、猫のみならず、犬にもよく見られる光景です。しかし、必要以上に暖かくすると弱い子に育ってしまいます。暖房はほどよい暖かさの範囲にとどめることが肝心です。そして、ヒーターやストーブなどに触れて火傷をしないよう注意しましょう。ただ、子犬や子猫、高齢犬、高齢猫などの場合は15℃程度の室温は保ったほうがいいでしょう。また、空気の乾燥によって呼吸器系の病気にならないよう保湿にも気を配ります。
脂肪分の高い食事で冬を乗り切る
健康体であれば、食事には脂肪分の高い食物を少し加えてあげましょう。散歩は日中の暖かい時間に出掛け、太陽の光をいっぱい浴びるようにします。また、シャンプーも暖かい日の昼間に行ない、風邪を引かないようすぐにドライヤーで乾かします。