ご希望の動物病院[ペットクリニック]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト動物病院[ペットクリニック]リサーチ

ペットクリニック情報

ペットに食べさせてはいけない食品



近年では、家族同然のペットたちに手作り食を与える飼い主さんが増えているようです。しかし、犬・猫には絶対に与えてはいけない食材があるのをご存じでしょうか? 私たち人間が日常的に口にしている食べ物でも、動物にとっては死に至るほどの危険をはらんでいる食べ物がたくさんあるのです。これらをしっかり覚えておきましょう。

絶対に与えてはいけない食物

絶対に与えてはいけない食物

ワンちゃん・ネコちゃんによって個体差はありますが、与えたことが原因で死に至る可能性のある食物を紹介します。これらのエキスが入った料理やお菓子なども同様に危険です。どこかに書き留めておいては、いかがでしょうか。

タマネギ・ネギ・ニラなど
犬・猫とも、摂取すると赤血球が破壊されてしまい、死に至るほどの貧血を起こす可能性が非常に高いので要注意。ハンバーグや餃子など、これらが含まれた料理も危険度は同じです。
チョコレート・ココア
カカオの成分が中枢神経を刺激して不整脈や心拍増加を引き起こし、痙攣や発作に至ることがあります。
ぶどう(干しぶどうを含む)
個体差があるようですが、口にした2~3時間後から嘔吐や下痢をする場合が多く、腎不全で死亡したというケースも報告されています。
アボカド
犬・猫だけでなく、フェレットやウサギなどの小動物に与えるのも非常に危険です。胃腸の炎症から死に至ることがあります。ただし、ペットフードに含まれているものは、危険な成分を取り除いてあるので大丈夫です。
マカデミアナッツ
摂取すると、嘔吐や高熱が出て、筋硬直を起こす可能性があります。

与えると体調不良につながる食べ物

与えることで重大な体調不良につながる可能性の高い食品もたくさんあります。手作り食を与える時には、気をつけましょう。

ニンニク
タマネギほど危険ではありませんが、赤血球を壊してしまう成分が含まれ、嘔吐や血尿などを引き起こす可能性があります。
貝類
特に、猫に症状が出ることが多いようですが、摂取すると耳などに腫れやかゆみが出て、最悪の場合には壊死してしまうことがあります。
スルメ
胃に入ると膨張して、腸を通過することができなくなり、かといって食道から吐き戻すこともできなくなってしまいます。その結果、消化管を塞いでしまうので、とても危険です。
豚肉
人間にも言えることですが、生の状態で口にすると、寄生虫に感染する可能性があります。感染した犬・猫から人に感染することもあります。
骨付きのチキン・魚
鶏の骨は縦に鋭く割れる可能性があり、口内や喉、胃腸を傷つけることがあります。鯛のように頑強な骨をもつ魚類も、骨ごと与えないよう注意しましょう。
エビ・カニ・イカ・タコ
これらの甲殻類を生で摂取すると、体内のビタミンB1を壊し、嘔吐や痙攣の原因となります。
卵白が下痢などを引き起こすことがあります。卵黄だけ与えるのであれば、問題はありません。

手作り食は動物病院の指導に基づいて作る

ここに列挙した食品以外でも、ペットたちの体調に重大な影響を及ぼすものがたくさんあります。手作り食を作る際には、ぜひ動物病院でレシピや調理法について相談し、安心・安全なに配慮して下さい。そして、「危険な食物を避ける」というよりは、「安全な食物だけで作る」という意識を持つようにしましょう。ワンちゃん・ネコちゃんが高齢になった時、市販のペットフードが食べられないという状況が起こるかもしれません。日ごろから食品の知識を蓄積しておき、愛情いっぱいの安全な手作り食を作ってあげたいものです。