ご希望の動物病院[ペットクリニック]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ドッグメディカル
動物病院[ペットクリニック]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

ペットクリニック情報

動物病院まで
ペットが安心できる搬送法



体調を崩したペットを動物病院に運ぶ時、どんな点に注意したらよいのでしょうか? 可能な限り犬・猫に負担をかけず、病状を悪化させないよう気をつけてあげたいですね。特に乗り物酔いをしやすいネコちゃんの搬送は、注意が必要です。

ペットが歩けないときは?

ペットが歩けないときは?

交通事故やてんかん発作、骨折などが原因でワンちゃん・ネコちゃんが歩けなくなった時に動物病院まで運ぶ場合、最も運びやすいのは底のしっかりとしたキャリーバッグです。もし、キャリーバッグがないのであれば、ガムテープなどで底をしっかりと固定させた段ボール箱を代用します。底面が安定していれば、ワンちゃん・ネコちゃんが最もラクだと感じる体勢をキープすることができます。できれば、数人で底をしっかりと支えながら水平を保ち、ゆっくり静かに運んであげましょう。また、いつも使っている毛布やタオルなどを入れてあげれば、ワンちゃん・ネコちゃんも心理的に落ち着くはずです。嫌がって出ようとする場合には少しだけ入口を開け、飼い主さんの顔が見えたり、声が聞こえたりするように配慮しながら安心させます。

乗り物は何を選ぶか?

乗り物は何を選ぶか?

日頃マイカーで通院しているのであれば、急病の時も同じマイカーを利用するほうがワンちゃん・ネコちゃんも安心だと感じるでしょう。しかし、どうしても公共交通機関を利用しなければならない場合は、手荷物切符を購入するなどバス・地下鉄・鉄道会社の規定に従わなければならないので、きちんと問い合わせてからバス停や駅に向かって下さい。電車の場合、乗せられるキャリーバッグや段ボール箱の大きさに制限を設けていることが多いようです。

安心・便利なペット専用タクシーが登場

安心・便利なペット専用タクシーが登場

最近では都市部を中心にペットタクシーが登場しています。きちんとキャリーバッグなどに入れて運ぶのなら、人が利用する一般的なタクシー会社で対応してくれることもありますが、ペットのことを最優先に考えてくれるペットタクシーならさらに安心です。一度、インターネットなどでお近くのペットタクシー会社の情報を集めて、連絡先を書き留めておいてはいかがでしょう。ペットの容態が重篤なケースでは、焦っている飼い主さんがハンドルを握るのは危険です。また、ワンちゃん・ネコちゃんの横に飼い主さんがしっかりと付いていて声かけを続けてあげたほうがいいケースもあります。ちなみに、三半規管が極めて敏感で高性能につくられているネコちゃんは乗り物に酔いやすい動物です。搬送時には、乗り物の揺れがネコちゃんに伝わらないよう工夫してあげましょう。

日頃からキャリーバックに慣らしておこう

日頃からキャリーバックに慣らしておこう

日頃から動物病院に通う時などには、マイカーでの移動であっても、ワンちゃん・ネコちゃんをキャリーバッグに入れて、慣らしておきましょう。急病などの時はペット自身も不安でいっぱいのはず。それなのに、慣れないキャリーバッグに入れられたのでは、さらに不安が高まります。"いつも"のキャリーバッグであれば、その不安も少しは軽減できるでしょう。ペットが高齢になると、緊急で動物病院に行かなければならないケースが増えてきます。そうなる前の、できれば子犬のころから、お気に入りのキャリーバッグを作ってあげて下さい。ただし、ペットの成長に連れてキャリーバッグの適応サイズが変わることもあるので、先を見越したサイズを選んで購入しておいたほうがよさそうです。