ご希望の動物病院[ペットクリニック]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ドッグメディカル
動物病院[ペットクリニック]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

ペットクリニック情報

動物病院にある診察台の上で
ペットを安心させるには?



病気やケガをしている犬・猫は、ただでさえ気分が悪く、人に触られることに過敏になります。とは言え、診察台の上ではしっかりと診療を受けさせることが最優先の課題。優秀な看護師さんでもコントロールできない状況になった時には、飼い主さんの出番です。診察台の上でワンちゃん・ネコちゃんを動かさないことを「保定する」と言いますが、その保定のコツをつかんでおきましょう。ワンちゃんとネコちゃんではそのコツに違いがあります。

犬の保定法

犬の保定法

ワンちゃんを診察台に乗せたら、まずは優しく声をかけて落ち着かせます。決して、声を荒げてはいけません。ここで叱り付けたりすれば、ワンちゃんの興奮状態を助長するだけです。そして、噛まれないように気を付けながらアゴの下に手を添えてから口吻(こうふん)(クチから鼻面にかけての部位)をつかみ、逃げないようにしっかり体に引き付けます。この時、呼吸を妨げないよう十分に注意を払います。また、口吻がつかめない場合には、長めのロープ状のもので固定するか、場合によってはクチ輪が必要となることもありますが、指示は獣医さんや動物看護師さんにお任せするほうがいいでしょう。

動物病院で困らないための犬のしつけ

動物病院で困らないための犬のしつけ

元来ワンちゃんは、足先・耳・シッポ・クチなどを触られるのが大嫌い。まして知らない人が触るなどもってのほか、と思っているはずです。しかし飼い主さんは、ワンちゃんがこれらの部位を触られている時でも診察台の上でジッとさせなければなりません。これを成功させる鍵は、日頃のしつけにあります。幼少のころから遊びを兼ねて苦手な部位を触り、ジッとしていたら褒めておやつを上げるといったしつけ法で徐々に慣らしていくのです。犬にとっては敵に対峙した時の武器でもある口吻を手で固定されるのは特に嫌がります。根気よくしつけて、獣医さんを困らせることなくスムーズに診療が受けられるよう備えておきたいですね。

猫の保定法

猫の保定法

自由気ままで敏捷、かつ身体能力が極めて高いネコちゃんを診察台の上でジッとさせておくのはとても難しいことです。その難しいことを叶えるために、多くの飼い主さんたちが愛用しているのは、なんと洗濯用のネット。それも、できるだけ開き口が広いものです。この中にネコちゃんを入れるのであれば、さほど苦労はしません。そして、獣医さんに着いたらネットに入れたまま診察台に乗せて、診療してもらいます。ネットの穴を通して注射もできてしまうのですから、すごいアイデアです。それに、汚れたり、破れたりしても、安価な洗濯ネットならあきらめがつきますよね? ただ、難点がひとつあります。あまりオシャレではないことです。獣医さんに行くときもオシャレにしてあげたいとお考えでしたら、ペットショップでネコちゃん用の保定袋を探してみて下さい。飼い主さんの中には、オリジナルの保定袋を手作りする方も多いようです。