ご希望の動物病院[ペットクリニック]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト動物病院[ペットクリニック]リサーチ

ペットクリニック情報

動物病院の
セカンド・オピニオンのぜひ



愛するペットが病気に苦しんでいる時には、飼い主さん自身も不安でいっぱいのはずです。治療を続けていてもなかなか回復しない、獣医師の説明が納得できないなど、疑問を感じた時には、他の獣医師にセカンド・オピニオンを求めるという方法があります。ただし、人間の医療現場でも時折みられるようなドクター・ショッピング(より良い答えを求めて病院を渡り歩くこと)にならないよう、飼い主さん自身の意識がとても大切です。

セカンド・オピニオンが必要な時

セカンド・オピニオンが必要な時

動物病院でどんな治療を受けていたとしても、ペット自身は決して文句を言いません。その治療でいいのかどうかを判断するのは、その子の最大の理解者である飼い主さん自身です。安易な転院やセカンド・オピニオンはおすすめできませんが、現在の治療方針にどうしても納得ができない時には、違う動物病院でセカンド・オピニオンを求めたほうがスッキリします。人間の医療と同様、動物医療の世界でも、答えはひとつではありません。本来、獣医師はさまざまな選択肢を提示するべきですが、いつもの獣医さんから選択肢の提示がない場合は、他の獣医師に頼りたくなるのも当然です。飼い主さん自身が納得していなければ、その不安はペットたちにも伝わってしまいます。ただし、安易にセカンド・オピニオンを求めようとすると、それまでに築き上げたホームドクターとの信頼関係を崩しかねません。先輩飼い主さんたちの意見などを聞いて、慎重な行動を心がけましょう。

どのようにセカンド・オピニオンを求めたらいいの?

セカンド・オピニオンを求めると決めたら、まずは新たな動物病院探しです。その後、転院する可能性がある時には、通いやすい地域から動物病院を選択したほうがいいでしょう。一方、かなり重篤な病気であれば、いま通っている動物病院よりその病気について精通しているか、その病気に適した設備が整っているかといった条件の下で動物病院を選んだほうがいいかも知れません。こうした情報は先輩飼い主さんたちがたくさん持っていることが多いので、できるだけたくさんの情報を集めてみて下さい。また、現在かかりつけの動物病院からカルテを提供してもらうのがベストですが、「そんなことお願いできない」というケースがほとんどだと思います。その際には、これまでの病状の経緯や手術歴、投与された薬の種類などをメモにまとめ、新たな動物病院の獣医さんに「セカンド・オピニオンが欲しい」との意志とともに明確に伝えます。セカンド・オピニオンを引き受けた獣医さんとしては、少しでも情報が欲しいはずなので、メモは詳しければ詳しいほど的確な診断が下せます。いまは若くて元気なペットでも、高齢になればセカンド・オピニオンを求めたくなるような病気にかかる可能性があります。その時に備えて、日頃から動物病院の通院記録やペットの成長日記などを作っておいたほうがいいかも知れませんね。