ご希望の動物病院[ペットクリニック]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト動物病院[ペットクリニック]リサーチ

ペットクリニック情報

食欲とウンチから病気を察知する



ワンちゃんが健康であることを指し示す基準は、「快食・快便」であることです。もし、食欲やウンチの状態がいつもと違うようなら、病気の前兆かもしれません。食欲と排便の状態から体調変化を察知するための基礎知識を覚えておき、毎日しっかりチェックしてあげましょう。

食欲は健康のバロメーター

食欲は健康のバロメーター

ワンちゃんが体のどこかに不調を感じているとしたら、まず最初に症状として表れるのが食欲の変化です。胃腸だけでなく、他の臓器の不調やケガで痛みを感じている時などにも食欲が落ちることがあります。次のような変化に気づいたら、すぐに動物病院に連れていきましょう。

急に食べなくなる
前回の食事の量が適正であったのに食べないのであれば、熱が出ていないか、下痢をしていないかなどもチェックしなければなりません。もしかしたら、どこかにケガを負っている可能性もあります。
徐々に食べる量が減る
慢性の胃腸炎や肝臓病、腎臓病の可能性があります。動物病院で血液検査をしてみましょう。
食欲にむらがある
慢性の疾患を抱えている疑いがあるほか、下痢や嘔吐の症状がないのであれば精神的な不安が原因となっているケースもあります。
水を異常に欲しがる
腎臓のトラブル、糖尿病の疑いがあるほか、脱毛の症状がある場合はホルモンの異常が原因かも知れません。
嘔吐する
食べ過ぎの時などは、犬は自分で吐いて胃腸の状態を調整します。したがって、1回だけ吐いてその後は元気で普段通りにしているのであれば心配ありません。しかし、1日に何度も吐く、いつも同じ時間になると吐くといった場合は、内臓疾患や急病の可能性があります。吐くことで脱水症状に陥ることもあるので、なるべく早く動物病院へ連れていったほうがいいでしょう。

ウンチが物語る健康状態

ウンチが物語る健康状態

毎日いいウンチをしているかどうか、必ずチェックしましょう。室内にトイレを備えている場合は簡単にチェックできますが、屋外や散歩中に排便する習慣のワンちゃん・ネコちゃんは、ウンチという健康状態のサインを見落とさないよう注意しましょう。

下痢が続く
下痢が続く場合は、胃腸障害や大腸炎の可能性があります。腸内寄生虫、食中毒などのほか、食べ物が合わないといった原因も考えられるので、動物病院で検査をして原因究明しておきましょう。
血便が出る
腸炎や潰瘍性大腸炎では粘液と血液が混じります。激しい下痢になる急性腸炎の場合は、病状が進むと黒い血便になってしまいます。寄生虫や伝染性疾患の可能性もあるので、一刻も早く動物病院の診療を受けさせます。
黒くてとても臭い便が出る
犬レプトスピラ症、犬ジステンパーなどの伝染性疾患や消化管潰瘍の可能性があります。
石のように固い
連続する嘔吐を伴う場合は腸閉塞の疑いがあります。異物を食べてしまったケースも考えられるので、動物病院でレントゲン検査をしましょう。
便秘している
犬は1日1~2回程度の排便が一般的ですが、中には2日に1回というワンちゃんもいるようです。もし、排便のリズムがいつもと違うのであれば、しばらく様子を見て、それでも便秘が続くようであれば、念のため動物病院でチェックしてもらいましょう。肛門周辺に炎症が見つかる場合もありますが、食べ物が変わった、精神的なストレスを感じているといった原因も考えられますので、ここ数日の生活をよく振り返ってみて下さい。もし、原因と思われることが見つかったらすぐに改善してあげましょう。