ご希望の動物病院[ペットクリニック]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ドッグメディカル
動物病院[ペットクリニック]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

ペットクリニック情報

犬の皮膚に関するよくある病気



ワンちゃんのブラッシングやグルーミングの時には、皮膚の状態に変化がないかしっかりチェックしてあげましょう。もし、異状を見つけたらすぐに動物病院で診療を受けます。患部が小さいうちに対処すれば簡単に治る病気でも、そのまま放っておくと患部が広がってしまうことがあるので要注意です。

寄生虫が引き起こす皮膚病

寄生虫が引き起こす皮膚病

ワンちゃんによく見られる皮膚病には、寄生虫やカビに起因するものが案外多いのです。これらの皮膚病を防ぐには、生活スペースを清潔に保つことが一番です。

毛包虫症
眉や目、口の周りが脱毛し、皮膚が赤くなります。定期的にシャンプーをするなど、体を清潔に保つことで予防できます。
かいせん症
表皮にダニが寄生して起こる皮膚病です。手足や耳などに赤いポツポツを見つけたら、要注意。人にもうつる可能性があります。
皮膚真菌症
毛穴に真菌というカビが繁殖して起こる湿疹です。ブラッシングの時にフケが増えて毛づやが悪いと感じたら、この皮膚病かもしれません。人にも感染するので、動物病院で薬を処方してもらい、早めに根絶しておきましょう。

生活環境による皮膚病

生活環境による皮膚病

ちょっとした生活環境の変化が皮膚病の原因となってしまうことがあります。おおらかに見えるワンちゃんの皮膚は、とてもデリケートなのです。

接触性皮膚炎
いわゆる「かぶれ」です。家の中には、ワンちゃんが触れるとかぶれてしまうものがたくさんあります。もう一度チェックしてみて下さい。もし、かぶれてしまっても、シャンプーで洗い流すのは厳禁です。そのまま動物病院で診察を受け、薬を処方してもらいます。
肢端舐性皮膚炎
手足の特定の部分を続けてなめたり、噛んだりして起こる皮膚炎です。脱毛が起こり、潰瘍ができてしまうこともあります。ストレスが原因で起こることが多いので、生活習慣を見直してみて下さい。初期の治療には軟膏を使いますが、悪化すると手術が必要になることもあります。
急性湿疹
暑い夏の時期、皮膚の敏感な犬によく見られます。体全体に脱毛が見られ、痛みやかゆみを伴う皮膚の赤みや湿疹ができることもあります。病院で抗生物質を処方してもらいましょう。
アレルギー性皮膚炎
ノミに刺されたことによって起こるアレルギーが最も多いのですが、特定の季節や食べ物でアレルギーを起こすワンちゃんもいます。原因をつきとめて生活環境を改善するのが第一ですが、アレルギーを抑えるシャンプー剤で定期的に洗うことで治まることもあります。まずは、動物病院で抗アレルギー剤の注射や抗生物質の投与を受け、症状を抑えてあげましょう。

特定の犬種に多い皮膚病

特定の犬種に多い皮膚病

特定の犬種によく見られる皮膚病もあります。お宅のワンちゃんは大丈夫ですか? もし、以下のような犬種に該当しているのなら、日頃から皮膚のチェックをていねいに行なうよう心がけ、それぞれの皮膚病の特徴や対処法について動物病院で教えてもらいましょう。

コッカー・スパニエル
反応性皮膚炎
ミニチュア・シュナウザー など
面ぼう症候群
ウエスティ など
アルマジロ症候群
シベリアン・ハスキーなどの大型犬
亜鉛欠乏性皮膚病
シーズー、コッカー・スパニエル、ダックスフンド など
脂漏性皮膚炎

また、セッター、テリア、レトリーバー系のワンちゃんや、ダルメシアン、ボクサー、パグ、ミニチュアシュナウザーなど、遺伝性のアトピー性皮膚炎を発症しやすい犬種もいます。花粉・ダニ・たばこの煙などを吸って起こることが多いので、生活環境には十分に配慮してあげましょう。