ご希望の動物病院[ペットクリニック]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト動物病院[ペットクリニック]リサーチ

ペットクリニック情報

犬の呼吸器に関するよくある病気



犬が呼吸する時は、パグやブルドッグのような短頭種でない限り、特に音を出すようなことはありません。もし、のどや鼻のあたりから雑音が聞こえるのであれば、呼吸器に異常があるのかも知れません。早めに動物病院でチェックしてみましょう。

静かな呼吸は健康の証拠

静かな呼吸は健康の証拠

暑い季節や運動した後など、ワンちゃんの呼吸はハッハッと荒くなります。これはごく当たり前のことなのですが、寝ている時や静かに横たわっている時にも呼吸が荒いとしたら、呼吸器が病いに冒されているのかも知れません。動物病院の獣医さんには症状を詳しく伝え、治療してもらいましょう。呼吸の異常から推測できる病気には、次のようなものがあります。

扁桃腺炎
細菌の繁殖によって扁桃腺が赤く腫れることで激しい痛みが生じ、食事を飲み込むことさえ困難になってしまうこともあります。病院で抗生物質の投与を受ければ大抵は治まりますが、場合によっては切除手術になることもあります。
気管支炎
ウイルスなどの影響で気管支が炎症を起こす病気です。のどに何かが引っ掛かっているような空咳が続いたり、何かを吐き出そうとするような咳をすることもあります。抗生物質の投与のほか、超音波療法などが用いられます。
気管虚脱
先天的に気管軟骨が未発達なワンちゃんに見られる病気です。吠えたり興奮したりすると、のどが鳴るような咳をし、重症になると気管がつぶれて呼吸困難となり、死に至ることもあります。予防法としては、ムダ吠えをさせないようにしつけることと、肥満を防ぐことが重要です。動物病院で気管を確保するリングを挿入して症状が改善するケースもあるので、獣医さんに相談してみて下さい。
肺炎
気管支炎などをこじらせると、肺に炎症を起こしてしまいます。肺炎は、激しい咳と高熱を伴うので、ワンちゃんもとても苦しいはず。一刻も早く、動物病院でX線検査などを受け、治療に入ってあげましょう。回復するまでは絶対安静を保つ必要があるので、入院療養になることが多いようです。

飛行機に乗れないワンちゃんたち

飛行機に乗れないワンちゃんたち

他の犬種と比べて気道が狭く、高温多湿な環境に弱い体質のため、呼吸障害に伴う熱中症を発症しやすいワンちゃんがいます。これらは短頭種といわれる種類で、暑い時期には飛行機への搭乗を中止する航空会社が多いようです。2010年にアメリカのある航空会社が手荷物として受け付けた犬が相次いで死んでしまったという事件があったのですが、調べてみるとブルドックばかりだったのです。それが発端となり、全米の航空会社が追随する形でブルドッグの受付中止の流れとなり、いまでは日本の航空会社も受付中止期間を定めるようになったようです。短頭種のワンちゃんを連れて空の旅を…とお考えだった飼い主さんには残念なことではありますが、ワンちゃんにとっては、手荷物として預けられる空の旅は、実はあまり嬉しいものではないのかも知れませんね。

飛行機に乗れない主な短頭種の犬
ブルドッグ、フレンチ・ブルドッグ、ボクサー、シーズー、ボストン・テリア、ブル・テリア、キングチャールズ・スパニエル、チベタン・スパニエル、ブリュッセル・グリフォン、チャウチャウ、パグ、チン、ペキニーズ など