ご希望の動物病院[ペットクリニック]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ドッグメディカル
動物病院[ペットクリニック]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

ペットクリニック情報

犬の生殖器に関するよくある病気



犬の生殖器にまつわる病気には、中年期以降に発症するものが多く含まれており、不妊・去勢手術によって防げるものもたくさんあります。不妊・去勢手術に対する考え方は、飼い主さんによって様々に分かれるところですが、ワンちゃんの健康という観点から見ると、不妊・去勢手術のメリットは大きいようです。

オス特有の病気

オス特有の病気

オスの生殖器とは、精巣、ペニス、前立腺を指します。変化に気づきにくい部分なので、動物病院で定期的に健康診断をしましょう。オスに特有の病気は以下の通りです。

前立腺炎
前立腺に細菌が感染して炎症を起こす病気で、老犬に多い病気です。感染が膀胱に達すると膀胱炎を併発して尿の濁りや血尿が出ることもあります。動物病院で抗生物質を投与してもらいましょう。
前立腺肥大
去勢していない老犬によく見られる病気で、命にかかわる危険性もあります。尿が出にくくなるため、膀胱炎、腎臓炎を併発し、尿毒症に進んでしまうとかなり危険です。オシッコが出にくく、おう吐や下痢などもあるようなら、すぐに動物病院で検査を受けて下さい。
会陰ヘルニア
排便時の腹圧などによって、腸間膜や膀胱などが押し出されてしまいます。この病気も去勢していない老犬によく見られるものです。
亀頭包皮炎
細菌感染により、ペニスの先端に黄色い膿が付着します。全身に広がったり、重篤にな病気に発展する心配はありませんが、ワンちゃんは気分が悪いはずなので、動物病院で抗生物質を投与してもらい、早めに治してあげましょう。
精巣腫瘍
犬の睾丸にできる腫瘍で、比較的多い病気です。この病気は去勢して治療をしますが、病気になる前に去勢しておけば予防することができます。

メス特有の病気

メス特有の病気

メスの生殖器には、卵巣、子宮、膣、乳腺があります。メスの場合も、不妊手術で防げる病気がたくさんありますので、参考にして下さい。

子宮蓄膿症
子宮に膿がたまり、お腹がふくれてきたり、水をよく飲むようになって尿量が増えます。診断が遅れると命にかかわる場合もある恐い病気です。不妊手術をしていないワンちゃんが中年期以上になるとよく発症する病気ですが、不妊手術で100%回避することができます。
膣炎
おりものが多くなり、トイレの回数が増えるなどの症状が出ます。重大な病気を招く可能性は少ないのですが、再発しやすい病気です。動物病院で洗浄してもらい、抗生物質の投与を受けたほうがいいでしょう。
偽妊娠
いわゆる「想像妊娠」のことです。お腹も膨らみ、乳腺も発達します。乳腺炎を起こすこともあるので、交配していないのにこの症状が見られたら、早めに動物病院に相談しましょう。不妊手術で防ぐことのできる病気のひとつです。
乳腺炎
出産したばかりの母犬の乳腺に乳汁が滞って起こる病気です。乳腺にしこりができたり、腫れるなどの症状が出るので、動物病院で消炎効果のある薬を投与してもらいましょう。子犬への授乳は中止したほうがいいようです。