ご希望の動物病院[ペットクリニック]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト動物病院[ペットクリニック]リサーチ

ペットクリニック情報

犬の腫瘍に関するよくある病気



犬は人間に比べると腫瘍ができにくい動物だと言われていますが、それでも高齢になると体の様々な部分に腫瘍ができることがあります。中には悪性のものもありますが、早く見つければ完治させることも可能です。最近では、切除手術だけでなく、放射線治療や抗ガン剤治療などもかなり充実しています。ここでは、飼い主さんが発見しやすい腫瘍を紹介しますので、ブラッシングなどの時にていねいにチェックしてあげましょう。

ニキビやしこりのようなものを発見したら?

ワンちゃんのブラッシング中に、「ん? 大きなニキビかな?」と皮膚に異変を感じたら、すぐに動物病院で診察をしてもらいましょう。ひょっとしたら、悪性の腫瘍かもしれません。かなり悪化するまで大きな症状は出ないうえ、素人では悪性・良性の判断をすることができません。腫瘍の中には転移するものもあるので、小さな内に対処しておいたほうが安心です。

悪性リンパ腫(リンパ肉腫)
悪性リンパ腫(リンパ肉腫)

体表のリンパ節が腫れる病気です。ワンちゃんの下あごや脇の下、股の内側、膝の裏などに腫れを見つけたら、すぐに動物病院につれて行って下さい。ほかにも皮膚の腫瘍として現れるタイプもあり、必ずしも悪性腫瘍とは言えないものの、何か異変を見つけたら、かかりつけの獣医さんに報告しましょう。リンパ腫の原因は分かっていませんが、特定の犬種に多いことも報告されています。レトリーバー系、ボクサー、バセット・ハウンドなどがその犬種に当たるので、飼い主さんはブラッシングやグルーミングの時に必ずチェックするよう心がけましょう。

肥満細胞腫
体に異物が入った時にアレルギー反応などを起こす肥満細胞が腫瘍化する病気です。皮膚に1~4センチの腫瘍を見つけたら要注意です。この腫瘍には良性・悪性の両方がありますが、見た目だけでどちらかを判断することはできません。また、悪性の場合は転移が早く、リンパ節や肝臓などが侵される可能性があります。原因が分からない病気ですから予防策もなく、見つけたら転移する前に動物病院で早めに治療を受けること以外の解決策はなさそうです。
乳腺腫瘍
乳腺腫瘍

中年期以上のメスのワンちゃんに多く見られる病気で、乳房の中にコリコリとしたしこりができます。そのしこりが徐々に大きくなり、放っておくと出血することもあります。この腫瘍も良性と悪性があり、早期に発見して乳房を切除すればほぼ治りますが、悪性のものは再発や転移の可能性があります。ただし、最初の発情が来る前の子犬時代に避妊手術をすれば、ほぼ完全に予防することができる病気です。

脂肪種
いわゆる「脂肪の固まり」で、老犬の皮膚にはよくできる腫瘍です。悪性腫瘍と間違えられることもありますが、健康に影響を与えるようなものではなく、さほど心配する必要はありません。ただし、あまりにも大きくなってしまうと、ワンちゃんの歩行を邪魔することもありますので、経過をよく観察していきましょう。