ご希望の動物病院[ペットクリニック]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト動物病院[ペットクリニック]リサーチ

ペットクリニック情報

犬の眼に関するよくある病気



好奇心いっぱいの視線で動く物をとらえ、キラキラ健康的に輝く瞳は、ワンちゃんの魅力のひとつです。この瞳が炎症や目やにで曇ってしまわぬよう、日頃のグルーミングでしっかりとチェックしてあげて下さい。「目は口ほどに物を言い」ということわざは、ワンちゃんにも言えることです。元気のない瞳は、何か重大な病気を暗示していることもあるのです。

目やに、炎症がないか毎日チェック

目の変調は、飼い主さんにも見つけやすい症状です。もし、目ヤニを発見したら、どんな色、状態なのかをよく観察して下さい。また、まぶたを優しく押し上げれば、炎症がないかどうかも確認できます。中には、逆さマツゲが原因で角膜や結膜が傷ついている場合もあります。目は大切な感覚器ですから、しっかりケアしてあげましょう。

結膜炎
結膜炎

細菌の感染やほこりなどの異物が目に入って、炎症を起こします。ワンちゃんが目やにや涙を出していたら、ひどくなる前に動物病院へ連れていきましょう。治療は点眼薬や目軟膏などで行なうのが一般的です。

角膜炎
ワンチャンが目をこする仕草をしたり、散歩の時に目をショボショボさせていたりしたら、角膜が炎症を起こしている可能性があります。シャンプーが目に入った、逆さまつ毛など、思い当たる原因はありませんか? まれに、感染症や内臓の病気が原因となってることがあるので、すぐに動物病院で検査して下さい。
白内障
白内障

犬も年齢を重ねると、白内障になることが多いようです。また、糖尿病などが原因で目の水晶体が白濁してしまうこともあるので、「最近、目が白くなってきたかな?」と思ったら、すぐに動物病院で相談してみましょう。初期の段階であれば、点眼薬で進行を遅らせることができますが、症状がかなり進行して歩行などが困難になってきた場合には、手術という選択肢もあります。

進行性網膜萎縮症
網膜が徐々に萎縮して、最終的には失明してしまう遺伝性の病気です。この病気に対する治療法は確立してないため、もし動物病院でこの病気と診断されたら、飼い主さんはワンちゃんの不安を取り除いてあげるよう配慮しながら、経過を見守ることになります。進行は比較的遅いので、急に失明してしまうことはなく、大きな支障を感じることなく一生涯を過ごすワンちゃんもたくさんいます。獣医さんのアドバイスに従って、根気よくケアを続けてあげましょう。
緑内障
人間の緑内障と同様に、眼圧が高くなって視覚障害を起こします。急性の場合は、強い充血が起こり、激しい痛みに襲われるので、すぐに治療しなければなりません。また、慢性の場合は、徐々に眼球が大きくなり、視力が低下していきます。点眼薬などによる治療のほか、最近ではレーザーによる手術で眼圧を抑制することができるようになっています。早期に発見すれば進行を遅くすることができる一方、手遅れになると眼球摘出手術になってしまうこともあります。動物病院での定期健診を忘れずに受けましょう。