ご希望の動物病院[ペットクリニック]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ドッグメディカル
動物病院[ペットクリニック]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

ペットクリニック情報

犬が異物を飲み込んでしまったら



ワンちゃんがよく起こす家庭内のアクシデントに、異物の誤飲があります。好奇心旺盛なワンちゃんが、飼い主から見ると決しておいしそうだとは思えない物を口に運んで飲み込んでしまうのです。この「さほどおいしそうに見えない物」であることが盲点となるのでしょう。異物誤飲は子犬時代に起こることが多いので、ワンちゃんから異物を遠ざける環境整備としつけには気を配った方がよさそうです。それでも異物を飲み込んでしまったら、どのように対処すればいいのでしょうか? 緊急の対応策を知っておいたほうが安心です。

薬液などの誤飲は命の危険も

薬液などの誤飲は命の危険も

フローリング用のワックスや液体洗剤など、人間には予測もつかないようなものをワンちゃんが飲み込んでしまうことがあります。それを発見したら、まずは呼吸があるかどうかを確かめて下さい。最悪の場合はショック状態に陥ったり、呼吸が停止してしまうこともあります。その際には、すぐに心臓マッサージと人工呼吸をしなければなりません。もし、呼吸をしているのであれば、気道をふさがぬように注意しながら少し下を向かせて頭を支え、ホースの水で口の中の薬品を洗い流します。この時、飲み込んだ薬品を吐き出すことがありますが、それによって気管や食道を傷つけぬよう、カレー用のスプーンに1杯ほどのオリーブ油など食用の油を飲ませて中和させます。飼い主さんにできるのはここまでです。すぐに動物病院に連絡をし、急患として受け入れてもらえるよう要請して下さい。

固形物やラップ状の異物を飲み込んでしまったら

固形物やラップ状の異物を飲み込んでしまったら

食いしん坊のワンちゃんは、食べ物の香りがついたラップを飲み込んでしまうこともあります。また、あめ玉くらいの大きさのものを口に入れて遊んでいるうちに、誤飲してしまうこともあります。こうした物の場合は、自分からおう吐することもありますが、できるだけ早く動物病院に連れて行き、発泡性の薬を飲ませて吐き出させるのが、最も安全な方法です。異物が胃に留まっている間であれば、ほとんどの場合が大事に至らずに済みます。問題は、異物が腸に回ってしまったケースです。異物が腸管を塞いでしまったり、ラッブ状のものが腸壁に貼り付いてしまったりすると、開腹手術しなければならないこともあります。したがって、薬液の誤飲と同様に、まずは動物病院に連絡をし、何時ごろに何を飲み込んだのかをきちんと説明して、すぐに対処してもらうように連絡をします。

異物を遠ざけるにはしつけが肝心

異物を遠ざけるにはしつけが肝心

お部屋の中は、ワンちゃんにとって魅力的なモノの宝庫です。飼い主さんとしては、異物を遠ざけているつもりでも、食べ物の香りがする石鹸や食材を包んでいたラップなど、つい口にしたくなるものばかりなのです。テーブルの上などワンちゃんの口が届くところには置かないよう気をつけているつもりでも、ゴミ箱の中に入っていたりすれば、やんちゃで賢いワンちゃんは飼い主さんの目が離れる隙を虎視眈々と待っているものです。これを防ぐには、飼い主さんが与えた食べ物以外は口にしないよう、根気よくしつけるしかありません。また、散歩中の拾い食いも、異物誤飲の原因になりますので、子犬のころからしつけていきましょう。