ご希望の動物病院[ペットクリニック]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ドッグメディカル
動物病院[ペットクリニック]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

ペットクリニック情報

猫の耳鼻口に関するよくある病気



大切な感覚器である目や耳、食べ物を咀嚼する口の病気がもとで、別の大きな病気を引き起こしてしまうことがあります。目・耳・口のよくある病気はきちんとしたケアと清潔な環境を保てば防げることが多いので、日頃から注意しておきましょう。

目の病気

目の病気

目は猫のチャームポイントのひとつ。濁りのない美しい瞳を守ってあげましょう。

結膜炎
外界と接する結膜は、ウイルスの感染を受けやすい部位です。涙や目やに、充血が起こっていたら、まずはこの病気を疑います。そのままほっておくと、目が開かなくなることもあり、万が一、他の細菌が混じってしまうと重篤な目の病気に発展してしまいます。
眼瞼炎
外部寄生虫や細菌ウィルスの感染により、まぶたが脱毛したり、赤くなったりします。
角膜炎
細菌、ウイルス、真菌などの感染の他、外傷、代謝障害など様々な原因によって引き起こされます。眼瞼けいれんや角膜の混濁、痛みや視覚障害を伴うこともあるので、注意が必要です。

耳の病気

耳の病気

病気になる前に、動物病院で耳のケアの方法を教えてもらっておくほうが安心です。家庭で耳のお掃除することで耳の清潔な状態を保てるだけでなく、病気になった場合の早期発見にもつながります。

外耳炎
ネコちゃんの外耳道はL字型に曲がっているため、通気性が悪く炎症を起こしやすいのです。そこに耳ダニなどの感染が重なると、症状が悪化してしまいます。炎症が中耳にまで進行する前にきちんと治療しておきましょう。
耳血腫
耳を強く引っ掻くことによって耳たぶが腫れ上がり、中に液体が溜まっているようなブヨブヨした感触になることがあります。これは、血管が切れて膿が溜まってしまったからです。早めに治療をして、内部の膿を取り出しておきましょう。放っておくと、耳が変形したり、外耳道がふさがってしまうこともあります。

口の病気

口の病気

ネコちゃんは、口の中に異常を感じると、柔らかいものしか食べなくなったり、前足で口を拭う動作を繰り返したりします。そうした行動の変化もよく見守って下さい。

歯周炎
歯に蓄積した歯垢の中の細菌が増殖して、その細菌が作る酵素や毒素によって歯根膜が破壊されたり、体中の骨を壊す細胞が刺激されてしまいます。歯肉が腫れて出血していたり、よだれが多くなったりするので、すぐに動物病院で処置してもらいましょう。口の病気を予防するためには、日頃からブラッシングをして、歯垢をためないことが肝心です。