ご希望の動物病院[ペットクリニック]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ドッグメディカル
動物病院[ペットクリニック]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

ペットクリニック情報

猫の消化器に関するよくある病気



消化器系の病気は、おう吐や下痢となって症状が現れやすいので、比較的見つけやすいのですが、何よりも消化器に負担をかけない食事と健康の管理が重要です。可愛いポーズで甘えられるとついついおやつを多めに与えてしまう…それが続くと、苦しい思いをするのは猫なのです。

消化器の病気

消化器の病気

食事がおいしく食べられると元気が出るのは、人間もネコちゃんも同じです。消化器が病いにかかると、様々な病気を誘発することにもなりかねません。

食道閉塞症
食べ物の塊や骨、食道の潰瘍などにより、食道が塞がってしまいます。口や鼻から食べ物を吐出したり、よだれなどの症状が出ます。場合によっては呼吸困難で死に至ることもあるので、一刻も早く動物病院に行き、内視鏡による摘出や手術を受けなければなりません。
食道炎
食道壁が酸やアルカリ物質によってただれたり、ヤケド、伝染病、真菌症の影響で、粘膜の炎症や潰瘍になってしまうこともあります。痛みのために唾液が異常に多くなったり、食欲不振が起こりますが、数日間絶食と絶水と点滴による治療から始め、様子を見ながら徐々に高カロリーの流動食などに切り替えていきます。
毛球症
毛づくろいの後、舌に付着した被毛を飲み込み、胃の中でボール状になって停滞したり、腸管内でからまって毛糸玉のようになってしまいます。おう吐や食欲不振、便秘などを引き起こします。長毛のネコや被毛が抜け換わる季節に多いので、こまめにブラッシングをしてあげましょう。
胃腸炎と胃潰瘍
胃から腸にかけての粘膜が炎症を起こします。ネコ伝染性腸炎ウイルスやコロナウイルスに感染したり、細菌感染によるもの、原虫性または寄生虫感染、化学薬品の誤嚥など、様々な原因が考えられます。胃がびらんしたり、部分欠損の場合を胃潰瘍と言います。症状は下痢や嘔吐が多くみられ、伝染性腸炎の場合はショック症状を起こすことがあるので、血液検査が必要です。慢性になりやすい好酸球性胃腸炎も血液検査が必要ですが、脱水や食欲不振に陥るので早期治療が大切です。子猫の場合は感染症によることが多いので、早い段階で健康診断と検便を受けておきましょう。予防できるウイルス性の病気もあるので、ワクチン接種について動物病院に相談したほうがよさそうです。
大腸炎
鮮血や粘液の混じった便が出たら、この病気の可能性があります。誤飲によるものや、伝染病によるものなどがありますが、脱水を伴うとショック症状を起こすことがあるので、早めに治療を受けさせます。
直腸脱
慢性の下痢や固い便の排出時に起こることがあり、肛門から腸が反転して出てきます。1センチほどであれば脱脂綿などにオリーブ油をつけてやさしく押さえてあげると戻ることがあります。しかし、数センチも出てしまった場合には、腸が傷つかないよう十分に配慮して、動物病院で治療しなければなりません。何よりも大切なのは、この病気が起こる前に、下痢や便秘の治療して直腸への負担を軽減しておくことです。