ご希望の動物病院[ペットクリニック]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト動物病院[ペットクリニック]リサーチ

ペットクリニック情報

猫の腫瘍に関するよくある病気



ガンの早期発見・早期治療が大切であることは、人間も猫も同じです。体の内部のガンは「体調がちょっとヘンだな」と思って訪れた動物病院の検査で見つかることが多いのですが、ブラッシング時などに見つかる体の外部にできるガンもたくさんあります。そうしたガンは、ぜひ飼い主さんが気づいてあげたいものです。また、ネコちゃんの場合は血液のガンが多いので、定期的な血液検査を心がけましょう。

腫瘍の種類

腫瘍には良性と悪性があります。悪性のものをガンと呼びますが、異常を見つけたら動物病院ですぐに検査してもらいましょう。

リンパ腫
リンパ腫

血液を作る器官や血液そのものが腫瘍の9割を占めるのがリンパ腫で、猫の場合は人や犬以上の高い発生率です。ネコ白血病ウイルスとの関連性がありますが、メスのネコちゃんの場合は、避妊手術をすることで発症を抑えられると言われています。また、リンパ腫は、腸管、胸腔内、肝臓、脾臓、腎臓、鼻腔などリンパ装置のある器官に発症し、3歳前後の若い猫と7歳前後の猫に多く発症します。胸腔内にリンパ腫が発症した場合は、胸水が溜まって呼吸困難に陥ります。一方、腸管に発症した場合は、腸閉塞を起こしておう吐や下痢が続き、進行すると腹膜炎を発症します。肝臓と脾臓の場合は腹水や黄疸、腎臓では腎不全にい至ります。しかし他の腫瘍に比べると、抗ガン剤による治療効果が高く、早期に発見されれば完治も期待できます。

乳腺腫瘍
猫の乳腺腫瘍は悪性のことが多く、リンパ腫、皮膚の腫瘍に次いで発生の多い腫瘍です。その発生率は、加齢とともに増加しますが、1、2歳程度の若い猫にも発生することがあります。予防策は、初回の発情前に避妊手術をしておくことです。リンパ腫はかなりの確立で内臓や肺へ転移し、再発の可能性が高い腫瘍です。日頃からお腹と胸の部分を触って、しこりなどがないかをチェックしてあげましょう。
皮膚の腫瘍
皮膚には肥満細胞腫、扁平上皮ガン、メラノーマ、線維肉腫などの悪性腫瘍の他、皮脂腺腫などの良性腫瘍も発生します。これらの腫瘍は、通常、皮膚に腫瘤や硬結部として現れ、大きくなると潰瘍となって、大きくなった瘤が破れて出血などが起こるので、何か体表に異常を発見したら、動物病院で腫瘍かどうかを診断してもらいましょう。また、外耳炎のネコちゃんで耳道内とその周辺や耳たぶなどに腫瘍ができることがあります。これは耳垢腺ガンという腫瘍の可能性があるので、自宅での耳のチェックも怠ることなく、1カ月に1回程度は動物病院でチェックを受けるようにして下さい。