ご希望の動物病院[ペットクリニック]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト動物病院[ペットクリニック]リサーチ

ペットクリニック情報

猫のウイルス性の伝染病



猫は、犬以上に病原体に対する感受性が強く、伝染病にかかる可能性の高い動物です。その病原体の中でネコちゃんに大きな影響を与えるのがウイルスです。代表的なウイルスによる伝染病について知識を持ち、予防注射を定期的に受けるよう注意しましょう。

伝染性腸炎、ネコ汎白血球減少症

伝染性腸炎、ネコ汎白血球減少症

猫の代表的な伝染病で、ネコパルボウイルスによる感染によって起こります。潜伏期は2~10日ぐらいです。非常に感染力が強く、普通の消毒液でこのウイルスを消滅させることはできません。通常は感染した猫の体液から伝染することが多く、激しい胃腸炎を起こすため、吐き気も同時に起こるのが一般的です。体の中ですぐに抗体ができるので、あまり長引くことはない病気ですが、若いネコちゃんの場合は、突然死につながることもあります。動物病院で脱水を補う点滴をして、二次感染を防止する抗生物質などを投与してもらいましょう。重症の場合は輸血を行なうこともあります。

ネコエイズ(FIV)

ネコエイズ(FIV)

人のエイズと同じ仲間の病気ですが、猫のエイズが人に感染することはありません。弱いウイルスなので簡単な消毒薬で取り除くことができ、ネコちゃん同士が少し触れ合ったぐらいで感染することはないのですが、ケンカの咬みキズや、唾液などからうつることが多いようです。ウイルスを持っている母猫が舐めたときや、同じ食器を使ったときにも感染することがあります。典型的な症状は、発熱とリンパ節の腫れで、末期になると骨髄が侵され、貧血が起こるようになります。治療法には症状を抑える対症療法しかありません。この伝染病についてはワクチンがないので、他の猫と接触しないよう気をつけるしかありません。

ネコ白血病ウイルス

ネコ白血病ウイルス

ネコちゃんにとってもっともやっかいな伝染病です。この病気を持った猫の唾液や咬みキズを介して感染します。最初の症状は下痢、発熱、下アゴのリンパが腫れるぐらいで、そのままキャリアとなっただけで治まることもあります。しかし、発病すると、最後は骨髄細胞を侵されて貧血を起こすようになり、衰弱していきます。以前は若い猫に多くみられる病気だったのですが、最近では老猫の発病もたくさん報告されています。治療には、インターフェロンや副腎皮質ホルモンが使われることもありますが、中心となるのは対症療法です。室内飼いのネコちゃんはほぼ感染の心配はありませんが、外飼い、または、よく外を出歩くネコちゃんは、年に1回のワクチン接種を忘れずに受けましょう。