ご希望の動物病院[ペットクリニック]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ドッグメディカル
動物病院[ペットクリニック]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

ペットクリニック情報

ペット(動物)に薬を飲ませるコツ



高齢のペットだけでなく、ペットの一生の中で飼い主が薬を飲ませなければならないことは多々あります。病気を治してあげるためですから、動物病院の指示に従って決められた時間に決められた量をきちんと与えるようにしましょう。最初はコツが必要ですが、何回が与えているうちに慣れてしまいます。不安な飼い主さんは、ペットが病気になる前に練習しておいたほうがいいかも知れませんね。

上手に錠剤を飲ませるには?

上手に錠剤を飲ませるには?

ペットの飼育書などには、飼い主さんがペットの頭を抑えつつ、口を開かせ舌の奥の方に錠剤をのせて、口を閉じる…といった、正式な方法が紹介されていますが、缶詰のペットフードやパンなどにくるんで与えれば、大抵のペットは素直に飲み込んでくれます。ただ、神経質なペットは周りのフードやパンだけを飲み込んで、しばらくしてから歯茎の裏側に隠しておいた薬だけを部屋の隅などに吐き出すという作戦に出ることがあります。飼い主さんは、薬を飲み込んだかどうかを最後までしっかり確認して下さい。また、薬の服用後におう吐した場合は、必ず動物病院におう吐したことを伝えて指示を受けましょう。おう吐した時間によっては、もう一度薬を飲まなければならないこともあります。

粉薬はペースト状にして与える

粉薬はペースト状にして与える

粉薬の場合も、食いしん坊のワンちゃん・ネコちゃんであれば、エサやおやつに混ぜるだけで食べてくれるようですが、用心深いペットの場合は少々工夫が必要です。まずはワンちゃんの好きなジャムやネコちゃんのお気に入りのウェットフードなどに粉薬を練り込んで、ペースト状にしてしまいます。そして、ワンちゃんであれば、上唇を持ち上げて、歯茎に擦り付けます。ネコちゃんの場合は、後頭部から頭を優しく支え、上唇を上の歯で噛ませると自然に口を開くので、何度かに分けて上あごに塗り付けます。飲み込んだら次を与えるという要領で続けるのですが、初心者の飼い主さんには少々難しいかも知れません。薬を与える必要が出る前に、ウェットフードなどを使いながら遊びを兼ねて練習しておきましょう。

水薬を与える

水薬を与える

最近は水薬をあまり見かけなくなりましたが、錠剤や粉薬をどうしても飲んでくれない場合には水に溶いて与える方法もあるので、覚えておいたほうがいいでしょう。この場合は、針のない注射器のような形をした注入器を用意する必要があります。まずは、この注入器で決められた量の水薬を吸い込んで下さい。そして、ワンちゃんの場合は、口をやや上に向けて、歯茎と頬の間に注入器の先を入れて注ぎます。この時、注入器は奥歯の手前ぐらいまで入れたほうが確実です。一方、ネコちゃんの場合は、長くとがった犬歯の後ろ側に注入器を差し込み、舌の動きに合わせて少しずつ流し込んでいきます。ワンちゃん・ネコちゃんともむせることがないよう、十分に気をつけて下さい。この方法は、流動食を食べさせる方法としても応用できます。いずれの与え方も、飼い主さんが焦っているとペットはそれを感じとって、騒いだり暴れたりすることがあります。少々大袈裟ですが、薬を与える時には毅然と威厳をもって与えられるよう、飼い主さんも心の準備をしておきましょう。