ご希望の動物病院[ペットクリニック]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ドッグメディカル
動物病院[ペットクリニック]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

ペットクリニック情報

エキゾチックアニマルを飼う前に



ペットとして飼われている動物の主流は犬と猫ですが、最近ではそれ以外の動物を飼う人が増えています。それらの動物は、エキゾチック・アニマルと呼ばれています。その種類は、うさぎ、フェレット、ハムスター、モルモットなどのほ乳類だけに留まらず、爬虫類、両生類にまで広がっています。それぞれにその動物にしかない魅力がありますが、飼う前によく考えておかなければならないことがあります。それは、病気になった時の対処法です。

エキゾチック・アニマルが病気になったら?

エキゾチック・アニマルが病気になったら?

エキゾチック・アニマルに対応する動物病院は年々増えています。獣医師を養成する大学などでも、エキゾチック・アニマルに関する授業が行われるようにはなってきているようです。しかし、犬・猫の動物病院に対して、あまりにも数が少ないのです。もし、病気になった時にどのように対処するか…これは飼う前にしっかり考えておかなければなりません。お住まいの場所の近くに「エキゾチック・アニマルOK」の病院はありますか? その動物が「大好き」という気持ちが先行して、動物病院の有無も確かめないままに飼い始めてしまっては、動物があまりにも可哀想です。よく考えて、対応可能な病院で最も近いところはどこかを調べてみてください。一度病気を発症すると、何度も通わなければならないことがよくあります。安易な気持ちで飼い始めるのは、禁物です。できれば一度、目当ての動物病院を訪ねて、飼育の注意点とともに医療費などについても率直に聞いてみたほうがいいかも知れません。

医療費はまかなえますか?

医療費はまかなえますか?

対応可能な動物病院が見つかったとして、次に考えなければならないのは医療費のことです。犬・猫の場合でも、医療費はそれなりにかかります。増えつつあるとは言え、犬・猫に比べて飼っている人の絶対数が少ないエキゾチック・アニマルの場合では、薬も技術も特殊なのですから、かなりの医療費を覚悟しなければなりません。しかも、犬・猫の場合は、ここ数年でようやく保険が充実してきていますが、エキゾチック・アニマルの保険はうさぎ、フェレット、鳥などに対してほんのわずかの保険会社が対応しているだけです。たまたま飼った動物が病弱だった場合、その医療費をまかなえるでしょうか? また、医療費と合わせて、病気の予防につながるエサ代や環境整備にどれくらいの費用がかかるのかも調べておいたほうがいいかも知れません。「飼う!」と決める前に、ペットショップやすでにその動物を飼っている先輩飼い主さんなどから情報を集め、慎重に判断してください。