ご希望の動物病院[ペットクリニック]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト動物病院[ペットクリニック]リサーチ

ペットクリニック情報

カメのよくある病気



誰もが昔ばなしの浦島太郎を知っているから?それとも「もしもしカメよ、カメさんよ」の歌があるから?とにかく日本人はカメが大好きです。そういえば、「鶴は千年、亀は万年」と言って、縁起を担いだりもしますね。そのカメもペットとして人気の高い生き物です。どちらかと言えば、水生のカメよりも、草食系でスーパーなどの野菜でも食べてくれるリクガメのほうが人気があるようです。でも、カメの健康チェックってどのようにするのでしょうか? また、カメを看てくれる動物病院ってあるのでしょうか? 調べてみましょう。

カメの健康管理の注意点

カメの健康管理の注意点

最近、カメを診察してくれる動物病院が少しずつ増えているようですが、絶対数はまだまだ少ないので、普段からどの動物病院で診てもらえるのかを探しておいて、急病時などに慌てないようにしておきたいものです。

飼い始めた時に、お店で病院の情報を聞いておくのも良いでしょう。まずは一度、受診してみましょう。その際には、飼育の注意点や健康チェックのポイントなどを獣医さんから教えてもらえれば安心です。

エサ
混合飼料のみでも大丈夫ですが、水生ガメの場合はおやつとして乾燥イトミミズや冷凍赤虫などをペットショップで購入して与えます。草食のリクガメにはコマツナなどの野菜を与え、時々カルシウム剤などを野菜に混ぜて与えてみましょう。
水生ガメにとって水は大切な生活の場ですから、こまめに水を入れ替える必要があります。リクガメは全身が入る水入れを用意し、毎日新鮮な水に交換します。
生活
爬虫類は健康維持のために日光浴を行なう必要があります。習性として適度に日光浴をすると日影に入って休憩するため、日光浴の時には日影の部分も作っておかなければいけません。

カメの病気

カメの病気

その他の動物同様、カメの体調不良も食欲不振や元気がなくなることで気づくことが多いようです。また、鼻汁や鼻ちょうちん、口をあけたままの呼吸なども要注意のサインです。

呼吸器感染症
気温や水温の温度管理が不適切だったり、ビタミンAの欠乏などがあると、ウィルスに感染しやすくなります。症状としては水のなかで片方に傾いてしまうこともあります。動物病院ではレントゲンで肺の状況を把握し、重症の場合は点滴と抗生物質を投与します。完治まで時間がかかる場合には、自宅で飼い主さんが注射を打つこともあります。
卵塞
メスのカメに食欲不振やおう吐が看られた場合はこの病気の可能性があります。産卵の時に適切な場所を見つけられないと卵を抱え込んでしまうのですが、この卵が腹部を圧迫して苦しみます。診断はレントゲン検査で行ない、産卵を促進する薬を投与します。食べ物や生活環境が適切でない場合にもこの病気になることがあります。