ご希望の動物病院[ペットクリニック]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト動物病院[ペットクリニック]リサーチ

ペットクリニック情報

緊急災害時の動物保護



大きな自然災害が起こった時、ペットと飼い主さんが離ればなれになって悲しい思いをしたという話がニュースなどでよく聞かれます。みなさんは、ペットのために何か備えをしていますか? また、いざという時、ペットをどこへ連れて行けばいいのか、知っていますか? 全国の自治体もようやく災害時のペットの処遇について、徐々に動き出しているようです。お住まいの地域がどんな取り組みをしているのか、事前に調べておいたほうが良さそうです。

ペットと一緒に避難できる避難所も登場

ペットと一緒に避難できる避難所も登場

阪神淡路大震災をきっかけに、大災害が起こった時にペットをどうするかという課題について、真剣に考えられるような流れが出来上がりました。ほんの少しずつですが、ペットを尊重する動きも出始めています。例えば、ペットと一緒に避難できる避難所もわずかながら登場するようになりました。自治体によって取り組みのレベルに差はありますが、少なくとも「ペットと一緒に入れる避難所が必要らしい」といった共通認識が出来上がりつつあります。みなさんがお住まいの地域でも、すでにペットと一緒に避難できる場所が決められているかも知れません。ぜひ、自治体の窓口に問い合わせてみて下さい。

災害時、迷子になったペットはどうなるの?

突然の大災害が起こったら、犬・猫どころではない大混乱に陥ってしまうでしょう。飼い主さんでさえ、ペットを見失ってしまうのですから、他の人たちに動物を救っている余裕などないはずです。そうした万が一の事態に備え、地域の獣医師会に所属している動物病院と行政が連携して、災害時に迷子になったペットを救う仕組みづくりを進めているようです。これについても、自治体ごとに進展状況の差はありますが、ペットを飼っている人にとってはうれしい話です。たとえば、ある自治体では、動物病院ごとに災害時に受け入れ可能なペット数を申し出て、いざという時には分担して保護に当たり、保護した動物の情報を一元管理できる体制ができあがっているようです。他にも、災害時のペットの取扱については課題がたくさんありますが、ペットの市民権も徐々に充実してきているようです。

ペット用の避難袋は用意していますか?

飼い主さん自身が準備しておくこともたくさんあります。たとえば、避難用のエサや水などは、用意しているでしょうか? また、避難の時には、ケージやキャリーバックが必要になります。トイレ用のペットシーツや猫砂も必ず必要になります。そうしたアイテムは1箇所にまとめておいたほうがよさそうです。写真も1枚入れておけば、ペットが行方不明になった時などに役立ちそうです。鑑札やマイクロチップの情報もすぐに分かるようにしておきましょう。そして、伝染病のワクチンや不妊手術をきちんと受けておけば、避難時に他のワンちゃん・ネコちゃんと一緒になっても安心です。もちろん、人様の迷惑にならないようしつけもきちんとしておきましょう。備えあれば憂いなし…この言葉はペットたちにも当てはまるのです。