ご希望の動物病院[ペットクリニック]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ドッグメディカル
動物病院[ペットクリニック]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

ペットクリニック情報

人獣共通感染症に要注意



ペットから人に感染する可能性のある伝染病のことを「人獣共通感染症」と言います。最近では、英語訳の「ズーノーシス」という言葉もよく耳にするようになりました。ペットと一緒に寝ている飼い主さん、可愛いとついキスをしてしまう方は要注意です。必要以上に怖がることはありませんが、正しい知識をもって、予防対策だけはしておいたほうがよさそうです。

人獣共通感染症の種類と対策

人獣共通感染症の種類と対策

ペットから感染する可能性のある伝染病をご紹介します。とはいえ、清潔を心がけているだけで、感染を防げてしまうものばかりです。犬・猫に触った後や、トイレの後始末をした後には、こまめ&丁寧に手を洗うよう心がけて下さい。そして、ペットと安心して暮らすために、人獣共通感染症についてきちんと理解しておきましょう。

トキソプラズマ病
トキソプラズマという寄生虫によって起こる感染症で、犬よりも猫からの感染のほうが多いようです。ペットの糞の中いる病原体が口から入って感染すると言われていますが、必ずしも発症するとは限りません。ペットのトイレを清潔に保つ、糞の後始末をしたら必ず手を洗うことを心がければ、まず心配はありません。
狂犬病
治療法がなく、感染すると必ず死にいたる非常に恐ろしい感染症ですが、日本では昭和31年以来、発生していません。しかし、狂犬病のある国からたくさんの犬が輸入されているので、ペットの予防接種は必ず必要です。日本の一部地域にもし狂犬病が発生したら、アッという間に蔓延するだけの爆発的な感染力を持っています。また、病名から誤解されがちですが、犬だけから感染するのではなく、猫を含めたほぼすべての動物が感染源になり得る感染症だということを覚えておきましょう。
回虫症
子犬に多い病気ですが、トイレの後始末などをした後に回虫の幼虫が人の口に入り、人の筋肉や肝臓、目などに障害を与えます。こまめに手を洗うよう心がければ、ほぼ完全に防ぐことができます。また、子犬を飼い始めたら回虫がいないか検便をしておけば安心です。
サルモネラ菌症
サルモネラ菌は食中毒を引き起こす菌として知られています。動物は感染しても無症状で済むことが多いのですが、菌自体は体外に排泄されていくので、人が感染すると腸炎や敗血症を起こしてしまうのです。ペットの周辺を常に清潔に保ち、腐ったものを食べさせないことが予防策となります。
皮膚病
真菌や疥癬虫による皮膚病は人にも感染します。また、感染すると風邪に似た症状を起こす犬のブルセラ病や、リンパ節が腫れてしまう猫のひっかき病などもありますが、ペットのトイレや食器を清潔に保ち、触った後には手を洗うよう気をつければ感染を防ぐことができます。
カンピロバクター
カンピロバクターという細菌によって起こる食中毒です。犬や猫が下痢起こし、人間にも同様の症状が現れます。ペットのトイレの後始末をしたら、必ず石鹸を使って、丁寧に手を洗いましょう。
レプトスピラ病
ペットが感染をしても症状が出ない場合が多いのですが、まれに腎臓や肝臓に障害が現れることがあります。人への感染は口や傷口から菌が入ることで起こります。ペットのワクチン接種で予防できる感染症なので、毎年1回きちんと予防接種することが最大の防御になります。