ご希望の動物病院[ペットクリニック]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ドッグメディカル
動物病院[ペットクリニック]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

ペットクリニック情報

おもしろペット(動物)検定



ペットへの人気が高まるに連れ、ペットにまつわるさまざまな検定も増えています。ペットに関わる仕事をしたいと考える人も、ペットのことをもっと知りたいと考えている飼い主さんも、一度トライしてみてはいかがでしょう。楽しいものから専門性の高いものまで、さまざまな資格がありますが、その中からいくつかをピックアップしてご紹介します。

ペットフード/ペットマナー検定

ペットフード/ペットマナー検定

日本のペットフードメーカーが集まるペットフード協会が実施します。この検定は、ペットと暮らしている人や、将来ペットと暮らしたいと考えている人を対象にしたもので、ペットフードに関する基礎知識と併せて、ペットと暮らす上での注意点や、マナー向上をめざしてペットをめぐるトラブル回避に関する知識を認定する資格です。ペットショップで働きたいとお考えの方などが受験するケースも増えているようです。

動物愛護社会化検定

通称「犬の飼い主検定」とも呼ばれるこの検定の基礎級では、犬の社会・歴史・生態や、法律・法規、犬の飼い方・しつけ・マナー、健康管理・医療に関する幅広い分野から問題が出されます。また、獣医師や動物看護師などの専門家や、他の動物関連の有資格者を対象とする専門級もあり、犬・猫を中心とした動物愛護の歴史や、社会と人との関わり、行動、メディカルケア、動物に関わる課題やトラブルなど、幅広い分野から記述問題を含めた専門的で難易度の高い問題が出されます。

ペット用品取扱士検定試験

こちらの検定は、本来はペットショップなどで働く人に向けた検定です。ペット用品の誤使用予防やユーザーに対して的確な情報発信と指導・サポートが目的とはなっているものの、ペットの飼い主さん本人にも有益な勉強ができる資格です。対象となるペットの幅も広く、犬・猫・観賞魚・小鳥・小動物・昆虫・爬虫類が含まれています。また、段階も「Class3基礎編」「Class2応用編」「Class1師範編」に別れ、Class2以上には実技試験も設けられるなど、かなり本格的な試験です。動物好きの人なら、知れば知るほどのめり込んでしまうのではないでしょうか?

ドッグトレーナーライセンス

A級~D級までありますが、最低位のD級では犬の月齢に合わせた育て方などの基礎的技能を認定するものです。もし、これからワンちゃんを飼おうとお考えなのであれば、まずはこの検定のD級にトライして、しつけ方の基本を身につけておくのもおすすめです。誰もが苦労する子犬のしつけで失敗することなく、賢いワンちゃんに育てられそうですね。