ご希望の動物病院[ペットクリニック]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ドッグメディカル
動物病院[ペットクリニック]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

ペットクリニック情報

誇り高き日本犬



現存している「日本犬」は、現在6犬種のみです。これは「日本犬保存会」が定めたもので、同保存会は、1928(昭和3)年から日本犬の保存に尽力してきた公益法人です。海外では柴犬、秋田犬は日本語読みの名前で呼ばれるほど人気が高いようです。風貌や性格の中に日本人に共通する特性を備えている点も不思議です。日本犬の種を次の世代にしっかりと受け渡したいものです。

日本犬のスタンダード

日本犬のスタンダード

日本犬の標準について日本犬保存会が定めた基準があります。その中から特徴的なものをピックアップし分かりやすくご説明します。

本質とその表現
気迫と威厳を持ち、忠実で従順であることがとても大切にされ、飾り気のない地味な気品と風格が備わっていることが、日本犬の第一条件です。
頭部に調和した大きさで、やや前傾してピンと立っています。
やや△で、目尻が少しつり上がり、虹彩が濃い茶褐色が理想です。
適度な太さで力強く、巻いているか、前方に傾斜しています。

日本犬の犬種

日本犬のスタンダードとしての特徴を持つ犬で、次の6種類が日本犬として認められています。また、これらの犬種はすべて国の天然記念物に指定されています。

秋田犬
秋田犬の山岳地帯で狩猟犬と活躍していた犬の繁殖改良によって誕生した比較的新しい犬種です。海外でも人気が高く、優しくて力持ちという、愛すべき特性を持っています。大型犬に属します。
甲斐犬
寒暖差のある盆地の風土に適した敏捷な犬で、疾走する姿が弾丸のようだと言われています。山岳地帯の猟に適した体力と岩場でも難なく乗り越える脚力を持っています。飼い主だけにしか心を開かない忠誠度の極めて高い性格です。大型犬。
紀州犬
三重県や和歌山県の紀伊半島一帯で古くから猟に使われる犬として活躍してきました。現在は一般の家庭でもたくさん飼われています。色は白が圧倒的に多く、普段は泰然として飼い主への忠実度も抜群ですが、時に応じて卓抜した敏捷性を見せます。
オスは17~18キロ、メスは15~18キロの中型犬です。
柴犬
日本犬の中では大きさ、性格とも一般家庭で最も飼いやすい犬種です。頭が良く、飼い主の気持ちを読み取って行動します。オスは活動的で、メスは家族の気持ちに寄り添う傾向があります。オスは9~11kg。メスは7~9kg。日本犬の中で唯一の小型犬です。
四国犬
高知県を中心に四国山脈の山間部で保存され、かつては「土佐犬」の名で呼ばれていました。しかし、土佐闘犬とまぎらわしいため、四国犬で統一されました。野生的な風貌で精悍な姿が魅力です。軽快に歩く様子を見せながらも、スキのない構えが多くの愛好者の心をつかんでいます。オス17~23キロ、メス15~18キロの中型犬です。
北海道犬
北海道で活躍していた狩猟犬。縄文犬の血統を色濃く残し、勇敢で大胆な野生的な性格が魅力です。寒さに強く、頑健な体力が、狩猟犬としてのルーツを物語っています。体重20~29キロの大型犬です。